ミレイユ・マチューのファン・サイト

Last update 2019年7月23日

2019年7月23日

7月22日に、ミレイユ・マチューのオフィシャルFacebookサイトが開設されました。

2019年1月23日

ミレイユ・マチューの新アルバム「Mes Classiques」が昨年11月9日にフランスで発売されました。

13年ぶりのアルバムは、クラシックの曲に歌詞をつけ18曲を7ヵ国語で歌っています。

チェコで録音され、バックのオーケストラは90人編成のプラハ交響楽団。

2018.9.12 ミレイユ・マチューの新アルバムが11月9日にフランスで発売されます。「MES CLASSIQUES」とタイトルにあるように、クラシックの曲を歌ったアルバムのようです。チャイコフスキー、ブラームス、フォーレ、シューベルト、モーツァルト、ヘンデル、ヴェルディなどの曲を歌っているようです。

2017.12.25 ミレイユ・マチューの新CDが11月24日にフランスで発売されました。初収録、初CD化を含む2枚組です。CDタイトルは、「Made in France」。曲名等を次のページにて掲載しています。「CD(

France)33」

 

このサイトでは、管理者の私が所有している、日本で発売されたレコード、国内外のCDを紹介しています。

 

ミレイユ・マチュー(Mreille Mathieu)のCDが日本の会社から発売されなくなってから、かなりの年月が経ってしまった。現在は、国内での契約会社がないため、彼女のCDを入手できる機会が失われています。

でも、僕は、彼女の歌をいまだに聴き続けている国内のファンの一人です。

 

ミレイユ・マチューだけでなく、日本国内ではフランスやヨーロッパの歌手が紹介されるケースは稀になっています。聴きたい歌手や歌がたくさんあるのに、メーカーさんは興味がないようですね。

 

どこのCD発売メーカーも、儲からないものは簡単には発売しないと思うのだが、毎月国内で膨大な量のCDが発売されているけれど、すべてのCDが儲かっているとは限らないだろう。

中古CDショップやオークションサイトでは、市場に出るとすぐに誰かが買っていくようであり、根強いファンはたくさんいるのではないかと思います。

 

日本のCD発売会社は、利益が出る曲だけを発売するだけではなく、世界中の良い音楽を広く日本国内に紹介する役割も担っていると思うのだが...すべての人がネットなどを駆使して欲しい音楽や情報を得ることができるわけではないのだから、企業の努力をお願いしたい。

 

管理者:加藤有利夫

イラスト by KR

Copyright(c)Mireillechan.All Right Reserve.